糖尿病の具体的な治療方法とは?

糖尿病は、完治が難しい病気のひとつです。そのため予防に徹することが第一です。とはいえ日々の生活で油断していると、気づいた際には悪化していることも稀ではありません。早め早めの治療が不可欠ですが、例えば以下のような治療法が一般的です。

糖尿病とは

日本人の国民病とも言われる存在になったのが糖尿病です。基本的な症状は、血糖値が高くなり、名前の通り尿にまで糖分があふれ出てしまいます。放置していると高血圧、動脈硬化、そして心筋梗塞などを招く怖い病気です。
なお糖尿病が進行すると腎臓機能が失われて人工透析のお世話になったり、網膜にダメージを受けると糖尿病性網膜症に罹ります。これは失明原因の第一位です。さらに末梢血管が損なわれると壊死を起こし足の切断という最悪な事態に至ります。そのため適時適切な治療が求められます。

基本は食事療法です

糖尿病の基本的な治療方法は食事療法です。言い換えると日々の食事に気を付けることが、一番の予防策です。暴飲暴食や栄養が偏った食事を控えましょう。一方で血糖値が高いと指摘されたら、カロリーや糖質の制限が求められます。
現代人が気を付けるべき食生活は、間食や夜食を止めることです。1日3回規則正しい食事のリズムを作ることが大切です。そのためには朝食をしっかりと摂取しましょう。すると必然的に夜食を食べなくなり、バランスの良い食事になるようです。

運動療法を併用しましょう

greagra糖尿病対策として運動療法の併用も重要です。そもそも肥満体質が糖尿病の源泉です。今の体重を数キロ減らすだけでも、糖尿病のリスクを下げることが可能と言われています。そこで手っ取り早い方法を考えれば、運動することです。
とはいえジムに通ったりするのは面倒ですね。ならば少し歩いてみましょう。1日1回はエスカレーターではなく階段にしてみる。一駅余計に歩いてみる。直ぐに座らずに、立ちながら新聞を読んだりテレビを観てみましょう。満員電車で揉まれることも、意外なほどカロリー消費に役立っているようです。

基礎疾患を治しましょう

糖尿病が突然発症することはありません。必ず前兆や基礎疾患があります。例えばストレスが溜まると、インスリンの働きを抑制するようなホルモンが分泌されていしまいます。もちろん暴飲暴食になりがちですね。
昨今指摘されているのは歯周病と糖尿病との関係です。両者には高い相関があると言われています。歯周病によって出てくる炎症性物質がインスリンの働きを抑えてしまうようです。健康でいたいなら、まず歯周病を治しましょう。

進行すると薬物療法の出番です

糖尿病の治療でいきなり薬を使うことはありません。まずは食生活の改善、そして適度な運動が指導されます。それでも血糖値のコントロールができない場合、すなわち進行した時にはじめて、薬物療法の出番となります。
なおかつてインスリンは、最後の手段と考えられていました。しかし昨今では、早めにインスリンを使うと血糖値の改善が見込めるとの報告が増えています。嫌がることなく専門医の指導に従いましょう。

新しい治療方法も登場しています

糖尿病治療薬、すなわち血糖値を下げる薬が多種開発されています。とはいえ近年は、インスリンを分泌する膵臓のベータ細胞を過度に刺激しないような薬、新しい治療法も登場しています。
一方で食事療法のイメージも変わっています。過度なカロリー制限がなくなりつつあります。患者さんの治療意欲を高めることこそが、改善の第一歩だからです。さらに合併症の予防につながる降圧剤の投与も効果を示しています。

適切な治療を受けましょう

糖尿病には、ちょっとした高血糖状態、一方で合併症を伴うような重篤化したパターンもあります。早期に対策を講じることが大切であり、その際に選択する治療法も重要になります。医師の指示に従って適時適切な治療を受けましょう。

新着情報

◆2016/12/05
糖尿病の具体的な治療方法とは?の情報を更新しました。
◆2016/12/05
糖尿病が進行した場合の治療方法は薬物療法ですの情報を更新しました。
◆2016/12/05
糖尿病で試したい治療方法は運動療法ですの情報を更新しました。
◆2016/12/05
糖尿病の前に基礎疾患の治療方法が優先されますの情報を更新しました。
◆2016/11/21
糖尿病の基本的な治療方法は食事療法ですの情報を更新しました。